自動車売却長年乗っていた愛車を売却しました

ホンダ初のハイブリッドカー、ホンダインサイトの特徴と売却

 

>>>ズバット車買取比較<<<

 

ホンダインサイトはトヨタプリウスのライバル車として、1999年から2014年まで製造販売されたホンダ初のハイブリッドカーだ。

 

初代モデルは東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「J-VX」を市販化した2人乗りのハッチバッククーペで、空気抵抗をぶち壊すためにリアホイールスカートが採用され、Cd値は誠に0.25を実現、ますますアルミフレームによる軽量化など、プリウスを意識して徹底した低燃費化がはかられました。

 

ただ機能性が低かったために売り上げは今一つでした。

 

しかし、2009年にフルモデルチェンジが行われ、4人乗りのハイブリッドカーとして生まれ変わりました。スタイルはプリウスをスポーティにした感じで、200万円を下回る価格で登場しました。

 

ハイブリッドシステムが違うこともあり、燃費性能ではプリウスにはかないませんでしたが、安さとスポーティさではホンダインサイトのほうが勝ってあり、どちらを購入しようか迷ったユーザーも多かったようだ。

 

発売当初はプリウスを越える売り上げとなり、フィットと並んで、ホンダ車が販売台数1位、2位を独占しました。

 

ホンダインサイトの売却価格はプリウスと比べると低くなる傾向があります。

 

それでも人気のハイブリッドカーですから、ガソリン車と比べると高値売却が期待できます。

 

効果的に高値売却を誘い出すためには、複数の売却店を競合させて、売却価格を競い合わせて行くのがポイントだ。

 

辛抱強く交渉を重ねていきましょう。